目の疲れに対処するには?

眼の乾燥を防ぎましょう

目の疲れの対策を行うためには、お部屋の湿度、エアコン等における対策も重要です。

目の疲れには、とにかく目の乾燥を極力防ぐ事が大切。

更に、パソコン作業では、時間的に休息を取る(遠方を見る等)事が大切です。

又画面の位置、距離等も見やすく目の疲れないような対策が必要。

・画面と目の距離:50cm程度 ・画面は目線より下 ・画面の明るさもほどほどに

目の疲れ対策には、以上のような事に気をつけ、目を乾燥させないように気をつけましょう。

又、目がしょぼついた場合は、目を温める事。

蒸しタオルを用いて、会社等では、時間が許させる環境であれば、およそ3分〜5分程度温められると効果的。

お家では、10分程度温めてあげましょう

さて、目の疲れやしょぼついた際の対処は、これでおしまいですが、例えば、目が充血した場合は、どうなるか?

疲れ目対策は積極的に

目が充血した場合は、そもそもビタミンB2の不足が考えられますので、ビタミンB2を補う事が大切ですが、今度は、目を温めてはいけません。

充血の際は目を冷やしてあげましょう。

充血はそもそも炎症を起こしている状態となりますので、温めるのではなく冷やしてあげましょう

時間は温める際と同様5分程度冷やしてあげましょう。

目の疲れ等における対処は、以上のような方法により解消できますが、目の疲れ対策には、湿度等だけでなく、それに伴いストレッチなども効果的です。

目の周りの筋肉を意識して動かすことにより、目の疲れの対策になりますので、パソコン作業の多い仕事なら、目の筋肉を動かすことも意識してください。

また遠い景色、近いもの等を交互に見ると言うのも意外に目の疲れ解消には役立ちますので、目が疲れたと感じたら、この方法を3回程度繰り返すのもお勧めです。