疲れ目を温めましょう

ビタミンの摂取も大切です

疲れ目は主に、目の乾燥が考えられますので、長時間パソコン作業等をされる場合は、目が疲れないように、湿度をきちんと一定に保つとか、エアコンによる風を目に当てない等、対策を取る事が大切です。

また、目の疲れ対策には、『ビタミンの摂取』も重要ですから、目の疲れがたまらないように、日ごろからビタミンの摂取を心がけてください。

例えば、長時間パソコン作業を行うと、目がしょぼしょぼしてくることはないでしょうか?

そんな時は、目の血行不良が原因と考えられますので、蒸しタオルをつくり、その温かいタオルで、目を温めてあげましょう。

目を温めることにより、マイボーム腺の詰まりを取り除き、脂を出やすくする事が考えられるため、脂を正常に排出させることにより涙の蒸発を防ぐ働きをするわけですから、乾燥を防ぎ、尚且つ血管も広げられるので、血行を促進する事ができます。

目の疲れ・ここまでのポイント

湿度&エアコンの風

ビタミンの摂取

蒸しタオルで温める

ただし、目の充血がみられる場合は、温めてはいけませんので、充血を感じたらビタミンB2の摂取を心がけてください。

血行不良の対策を行いましょう

目の疲れは、大きく分けて、目の乾燥及び、血行不良等が考えられますので、乾燥の対策、血行不良の対策を行い、目の疲れを予防していきましょう。

目の乾燥は、瞬きをしないことにより、乾燥してしまう事から、パソコン作業を行う場合は、瞬きを意識することも忘れずに行いましょう。

また血行不良は、蒸しタオルをつくり5分程度温めてください

勤務中の場合は、お家に帰ってから、ゆっくり目を温めてあげる等が効果的です。

ただしお家でじっくりと温められる場合は、10分程度温められるとより効果的です。

蒸しタオル:水を十分に絞ったタオルを数秒温める