疲れ目のパソコン対策

意識して瞬きしましょう

疲れ目の原因は、主にパソコン等を見続けることにより、目が乾燥してしまい、乾燥に伴い疲れを感じるという事が考えられます。

ですから、目の疲れを解消するにあたり、まず必要なのが、このパソコンをする際の対策。

まずここで、注意すべきなのが、目の乾燥を防ぐために、お部屋の湿度を保たせる事

更に会社等では、エアコンなども使用していると思いますが、そうしたエアコンの風を目に当てないように心がける事。

パソコンを見続けることにより、多くが瞬きをしない状態になってしまいますが、それにより目が乾燥してしまうので、意識して瞬きをするという事も重要です。

ここまでのポイントは

湿度を一定に保たせる

エアコンの風を目に当てないようにする

瞬きをする

このポイントを、パソコンを行う際に心がけるようにすると、随分目の乾燥が解消し、尚且つ疲れの対策になります。

目を休ませて遠くを見ましょう

続いてパソコンを行う際は、ディスプレイ画面はできれば≪目線より下≫にする事が理想で、目線より下にすることにより瞼が眼球にかぶさる事となりますので、目の乾燥対策に役立ちます。

パソコンの作業をする場合は、できれば、目と画面との距離がおよそ50cm程度離れる事が大切です。

これは仕事の内容、状況により異なりますが、やはり目が疲れないように時間的に休憩を取る事が必要です。

目を休ませる:遠方をみる

目を休ませる目的として遠方を見る事がお勧めですが、この場合画面が目線より下にあると、遠方を比較的見やすくなりますので、職場でパソコン作業を行う場合は、目線下に画面をセッティングするとよいでしょう。

この他、画面の輝度やコントラスト等も控えめ程度が目には優しい状態となります。

最後にお部屋の明るさも十分に注意し、パソコンによる目の疲れを対策しましょう。