疲れ目を予防するツボとは?

目を感想させない事が大切です

目の疲れをとるためには、目を乾燥させない事が第一条件です。

ですから、お部屋の湿度や目に直接風が当らないように(エアコン等)すること。

又、パソコン作業をする際は、できれば、画面と視線の距離を50cm程度離すとか、画面は目線より下にする等というようにすると、目を少しでも疲れないようにするために効果的です。

さらにパソコン作業を行う仕事をしている場合は、1時間程度に1回ぐらいは画面から視線を外し、遠く、近くというように目を休ませてあげる事も効果的です。

仕事最中に目がしょぼしょぼしてきたら、実は目の血行不良が考えられますので、温めてあげる事が大切。

仕事上どうして温められない場合は、帰宅後ゆっくりと10分程度蒸しタオルで目を温めてあげましょう

充血は、目を温めてはいけないので、今度は冷やしてあげる事が大切です。

この他、ビタミンB2不足も考えられるので、ビタミンを摂取しましょう。

注意しながらツボを押しましょう

目の疲れには、この他にもツボを刺激すると言う方法もあり、目の周り、眉の下、眼がしら等、幾つもツボが存在しますので、ツボを押すと言うのも効果的。

ただし、ツボを押す場合は、息を吐きながら押す事が大切で、押し加減はおよそ5秒を3回程度行います。

しかし注意として、眼球を直接押してはいけませんので、その部分は、十分に注意してツボ押しをしてください

ツボの部分は、まず、目の下。

涙袋と言われる部分に位置しますが、この部分にも目の疲れに効果的なツボがありますし、涙袋の部分には、2箇所ツボが存在するので、眼球を押さないように優しく押す要領で試されるといいですね。

眉の付け根、眉の中央から指1本分くらい上、眉の中央。

これらの部分も目の疲れに効果的なツボなので、疲れたなと感じたら、これらの部分のツボ押しを試してみましょう。

この他、目が下の少し内側にある骨のくぼみのところと眉尻&目じりを結び、中央の少し外側部分もツボとなります。