目に良い栄養成分が豊富に含まれているブルーベリーサプリ

眼精疲労・眼病予防にも効果的!

今では、小学生から高齢者まで使っているスマートフォンやパソコンなどは、情報収集やゲームまた音楽を聴いたりとその用途は多様化しており、ついつい長時間画面を見つめているという事があります。

その結果、目の疲れからくる眼精疲労になるという人が増えてきています。

眼精疲労になることにより、目の痛みや目の充血また頭痛などの症状が現れてくることもあります。

目に良いとされているブルーベリーは、栄養価が優れており私たちの身体にも良いものとされており、ジャムやヨーグルト、ガムや洋菓子など様々使われており、手軽に摂取できるものとなっています。

また、時期によっては生で売られていたり、冷凍されているものもあります。

また今では、ブルーベリーの仲間であるビルベリーというのがあります。

ビルベリーの場合は、青紫色の天然色素アントシアニンを豊富に含んでおり、ブルーベリーサプリメントにも配合されています。

アントシアニンとは、色の濃い植物に配合されており例えばブルーベリーやなすなどに含まれているポリフェノールの一種で青紫色の天然色素とされています。

私たち人間と同じく、紫外線から実を守る働きを持つために、色素が濃くなりその色は、植物により違い赤や青紫また濃い青など野菜や果物にアントシアニンが含まれています。

眼病予防や、視覚機能改善など古くから目の働きに効果を得るとされることで知られていますが、他に強い抗酸化作用も持っているので、アントシアニンを体内に摂取することにより体の酸化を防いでくれる効果も期待できます。

サプリで効率よくアントシアニンを摂取する

他に、目の網膜にあるロドプシンというたんぱく質の再合成を助けてくれます。

このロドプシンとは、目に入ってきた光の情報を受け取ることにより、ロドプシンは分解され脳に見えるという事を伝えます。

そして、分解されたロドプシンが再合成されることにより、新たな情報を受け取ります。

目の疲れにより、目がしょぼついたり、ぼやけたりという場合は、ロドプシンの再合成が遅れてしまっているということです。

そのような場合は、アントシアニンの配合された食品やサプリメントを摂取することにより、目の疲れを緩和してくれます。

スーパーなどで生のブルーベリーなども売られていますが、1日に必要とされるアントシアニンの量は40g〜90gと言われており、生のブルーベリーを食す場合は、約60g〜300gとされています。

アントシアニンは、24時間ほどで尿と一緒に体外へ排出されてしまいますので、毎日摂取することが必要となります。 ですので、毎日となるととても大変ですよね。

サプリメントであれば、1粒に数十粒分相当のブルーベリーが凝縮されていますので、手軽にアントシアニンを摂取することが出来ますので、毎日続けやすいですね。