眼精疲労の症状を感じる人が日々増加している

眼精疲労の症状

先日、改正道路交通法の施行によりスマートフォンを見ながらの運転は、2回以上摘発された場合、有料講習の受講が義務付けられました。

歩きながらのスマートフォン操作なども、問題にされています。

ある意味スマートフォンに依存しているという感じにもとらえられますが、Web上のコンテンツやSNS、ゲームなどもどんどん増えており、テレビなどよりも情報を早く知ることができるので便利とされています。

そのため気が付けば、長時間画面を凝視しているという事もあります。

また通信機器が普及した今では、会社での業務はパソコン業務中心であり、営業などでもノートパソコンを持ち歩いているというビジネスマンもたくさんいます。

このような日常で目は疲労を蓄積しており、それにより眼精疲労の症状を感じる人が日々増加しています。

また、パソコンやスマートフォン以外にも眼精疲労の原因とされるものは、眼鏡やコンタクトが合っていない、ドライアイ、睡眠不足などがあります。

☆眼精疲労症状
・目の痛みや充血
・目が重い、しょぼしょぼする
・涙が出る
・肩こりや頭痛
・吐き気
・めまいや倦怠感

などの症状が現れ、酷くなると自律神経失調症などになる恐れもあります。

そのようになる前に、眼精疲労の効果的な改善策はどのようなものがあるのでしょうか?

眼精疲労の効果的な改善策

・マッサージ
眉頭から順に眉毛になぞって押し上げる。目の周囲をマッサージすることにより血行がよくなります。

・アイパック
充血している時は冷たいタオルを目にのせて、目が重たいまたはしょぼしょぼしている時には温かいタオルを乗せると症状が緩和されます。

また、寝る2時間前にはパソコンやスマートフォンを見ないようにし、睡眠も目を休めるために6時間以上はとるようにし、食事などでも、目に良いとされるビタミンB12、アントシアニン、ビタミンC、ビタミンB1、カロチンなどを食べるように心がけましょう。

ですが、目に良いとされる食品を毎日食べるというのもなかなか難しいことですので、これらの成分を配合したサプリメントを摂取することにより、眼精疲労を改善へとサポートしてくれます。

目の疲れを感じた時にはそのままにせず、早めに対処するようにしましょう。