日々の生活状況などで老眼を発症する年齢は異なる

早い方で30代で老眼になる

老眼は必ずしも、お年寄りがなるものとは限りません。

今では、40代・50代でもまだまだ若い方がたくさんいらっしゃいます。

ですので老眼になってきていても、その事実を認めたくないという人もいます。

自分ではまだまだ若いつもりなのに、老眼は「老い」というイメージがしてしまうので、認める勇気がなかなかないものです。

老眼になる年齢には個人差があり、日々の生活状況や食生活などにより老眼の症状が出るのは変わってきます。

老眼は肌や体と同じく、目の老化現象となりますので、何歳から老眼ですという具体的な年齢はありません。

例えば、肌にハリが無くなってきた、シミが目立ってきたというのも肌の老化現象のように、手元の文字が見えにくいという事がある場合、眼の老化が始まってきているのかもしれません。

一般的に、早い方で30代からなる方もいらっしゃいますが、40代頃から自覚し始め50代では老眼鏡などをかけ始める人もいます。

老眼は本人が気づかぬうちに進行していきます。

時には、知り合いから「随分顔から書類を離して見るね。老眼?」という指摘もあるかもしれません。

その時に、自分は老眼なのか?と思う方もいるかもしれませんね。

最近ではパソコンやスマートフォンなど、仕事や家庭でも常に見ている状態という人も多く、目に負担のかかる生活をしています。

早い人では、20代から老眼の症状になる方もいます。

近視の人は老眼に気づきにくい

また、近視の人は老眼に気づきにくいという事もあります。

近視の場合、水晶体は近くのものを見るために厚さを変える必要が無く、眼鏡をかけていなかったり、かけていても弱めの眼鏡の場合は近くの物に対してピントを合わせているので気づきにくいとされています。

近視用眼鏡をかけたまま新聞などを読もうとしたときに、眼鏡を外さないと見えなくなると老眼の現れです。

老眼かどうかを知る場合、新聞紙に顔を近づけ記事の一文字を見ながら徐々に顔から離していき、はっきりと見える所で止めます。

その時、顔から新聞紙の距離が30cm以上離れている場合は老眼と言われています。

また眼科などで診察をするか、無料で検査をしてくれる眼鏡屋さんで受けて老眼かどうかを診てもらうのも一つの方法ですね。

もし老眼という結果が出た時は、老眼鏡や老眼コンタクトなどをすることにより眼精疲労を軽減できるものとされています。

他に目に良いとされる食品やサプリメントなどを摂取し、目の疲れの症状を緩和してあげましょう。