30代で老眼になる人が増えている

パソコンやスマートフォンが目の調節機能を老化させる

「老眼」という言葉を聞くと、40代半ばからと思い老化の始まりと思う方も少なくありません。

加齢とともに誰にでも起こってくる症状で、病気ではありません。

ですが、最近では30代でも老眼になるというケースが増えてきています。

その原因は、パソコンやスマートフォンなど画面を見続けることにより、目の調節機能が衰えてくるものとされ、近い距離で長時間一定の部分だけを見ることにより、目の筋肉が使われなくなり、衰えていくとされています。

その結果、30代でも老眼になるということが言えるかもしれません。

眼も体と同じく動かさないと、老化を早めてしまうという事が言えるかもしれませんね。

「スマホ老眼」という言葉もあるほど、近年は若くして老眼の症状が現れてくる人もいます。

私たちの目は水晶体の働きにより遠くのものや、近くのものを見る時に水晶体周辺の毛様体筋の働きにより、ピントを合わせて調節し物をハッキリと見ることができます。

ですが老眼になると、毛様体筋の筋力が衰えることによりピントが合いづらくなりそのため見えづらいという症状がでます。

老眼の症状

☆老眼の症状
・小さな文字は少し遠くに離して見るようになる
・近くより遠くが見える
・目の疲れやすくなった
・目のかすみ
・肩こりや頭痛が以前よりも酷い
・近視用の眼鏡を外して文字を読む
・暗い場所で文字が見づらい

などの症状がある場合は老眼の可能性が高いかもしれません。

ですが眼精疲労も老眼と似た症状が現れ

・目の疲れやかすみ
・目の充血
・ドライアイの症状
・肩こりや頭痛

などがあります。

しかし老眼や眼精疲労以外の、体の病気が目に現れているという事もあります。

・風邪やインフルエンザ
・更年期障害
・自律神経失調症

などの病気が原因で眼精疲労が起こるとも言われていますので、眼科などの専門家に行き診察をしてもらった方が良いかもしれません。

また日々目を酷使してる人には、目に良いとされるブルーベリーのサプリメントなどを摂取するというのも、老眼予防などにも期待が持てます。

ブルベリーに含まれるアントシアニン成分は、目の働きの機能を高め眼精疲労などを予防する働きを持っており、他にビタミン類が、眼精疲労や加齢に伴う目の疲れをスッキリとさせてくれます。