ルテインの老眼予防効果について

老眼予防に繋がるルテイン

ルテインという成分は、野菜や果物、海草などの食品に含まれる色素の一種です。

ルテインには、抗酸化作用もあり老眼の予防や症状の改善に効果があるものとして注目されており、サプリの含有成分としても配合されているものです。

目は私たちの身体の中でも、活性酸素の影響を特に受けやすいといわれています。

まぶたを開いているとき、必ず光が入ってくるわけですが、この光の中の青色光と紫外線が、活性酸素を発生させてしまいます。しかし、ルテインはその活性酸素の発生を抑制してくれるわけです。

ルテインが減少すると、太陽光線の影響を受けやすくなり、視力低下や眼のかすみ、さらには様々な目の病気を引き起こしてしまいます。

水晶体や黄斑部のルテインの量が少なくなると目に様々な害が現れてきますので、サプリや日常の食事で補うことが望まれます。しかし、食事で毎日、ルテインの摂取を意識するのは難しいので、サプリを使用することをおすすめします。

ルテインが含まれるサプリとしては、「フリー体ルテイン」と「ルテインエステル」といった2つに大別できます。この2つの違いは吸収率です。

「フリー体ルテイン」は体内に存在するルテインと同じ質なので、そのまま体内に吸収されます。

「ルテインエステル」は「脂肪酸」がエステル結合されたものなので、体内に入ってもそのまま吸収されません。

消化酵素の力で脂肪酸が取り除かれたフリー体ルテインだけが吸収されます。吸収率の観点からいうと「フリー体ルテイン」のサプリの方が適しています。