小学校低学年から視力低下が始まる子供達が増えている

持ち運びに便利な携帯型のゲーム機が視力低下の原因

最近、子供達の視力が低下しつつあります。
学校などの視力検査により、前回よりも視力が下がったなどという事はありませんか?

小学校高学年で視力が悪くなる子は多かったのですが、最近は小学校低学年から視力低下が始まる子供達が増えているそうなんですね。

現代の子供たちは、友達と外で遊ぶよりも友達とポータブルゲーム機で遊ぶ方が多くなっています。

子供の視力低下は、仮性近視つまり一時的な近視になります。

目の使い過ぎにより、目の筋肉が緊張しているので、目の周りの筋肉をほぐしたりするという事により視力は回復すると言われます。

遠くを見たり、近くを見たり、動くものを見たりと、目を動かすことにより目の筋肉も動かし緊張もほぐれていきます。

その視力低下の大きな原因は、持ち運びに便利な携帯型のゲーム機などです。

電車や車の中など揺れる車内でゲーム機を使用することにより、毛様体筋や外眼筋、虹彩筋が常に調節を使用と働くため、目の疲労が余儀なくされます。

また、小さい画面を長時間見続けることにより眼球の動く範囲も小さくなり、ゲーム機から発する強い光により網膜の視細胞などにも影響を与えています。

他にスマートフォンやパソコンなども影響があると言われています。

遠くを見るよりも、近くを見る方が多い環境であるのも原因ですね。

ですので、ゲームやスマートフォンなどで遊ばせる時などは、時間をきちんと決めるという事は視力低下を防ぐためにもとても大切な事です。

ストレスが視力低下の原因なっている可能性も

ゲーム機以外などでも視力低下の原因となるものもあります。

それは、ストレスにより視力が低下するという場合もあります。

小学生や中学生などの思春期前後の不安定な状態時に多くみられ、ストレスが目の症状に現れ視力低下が起こるとされており、心因性視力低下とされています。

脳に過激なストレスがかかることにより、一時的に視力が低下するもので、近視や遠視乱視など様々な症状で現れます。

心因性の場合その原因は様々で、家庭のトラブルや友達関係や学校などがあります。

そのストレスを取り除くことにより、視力は改善してくるのがほとんどと言われます。

遺伝による視力低下

そして、遺伝による視力低下。

両親が近視の場合、子供が遺伝する確率は約90%あるといわれており、この場合小学生低学年から視力が下がり始めることが多いと言います。

このように、子供の視力低下の原因はストレスや遺伝の他に、ゲームなどが原因とされます。

勉強する時も、猫背になっている場合視力低下の原因にもなります。

つまり、近い距離でものを見続けるという事は、大人や子供に限らず言えることかもしれませんね。

もし子供達の視力が下がってしまっても、自分たちで何かをする事はやはり難しいです。

両親を始めとした大人達が目の疲れをほぐす方法を教えてあげたり、子供でも飲む事が出来る目に良い成分が配合されたサプリなどを勧めてみたり、といった事は必要かなと思います。