DHAが疲れ目に効く?

ビタミンは重要な成分

目に必要不可欠な栄養素といえば、『ビタミン』があげられますが、ビタミンは、白内障予防、ドライアイを防ぐ意味でも重要な成分です。

ビタミンA

ビタミンB2

ビタミンB6

ビタミンC

これらのビタミンは、目の疲れを癒す、尚且つ白内障予防、夜盲症にならいないためにも必要な成分で、水晶体をきれいにすることにも必要です。

又、目の疲れ、目に必要な成分には、この他にも存在し、実は目の網膜部分と視神経の中には、60%前後のDHAが含まれており、この成分は、神経細胞に入り込み、実は膜を柔らかくする働きを持ちますが、膜が柔らかければ、柔らかいほど神経細胞同士の情報がスムーズになりますので、目にとっても必要な成分といえるでしょう。

DHA成分は動体視力を高めます

更に、運動をする方にとってこの成分を補う事により動体視力も高める事が出来ますから、このDHA成分は、不足させないように心がけることも必要です。

DHA成分は、主に魚類に含まれているものですが、毎日の食生活で摂り入れていく事は、中々難しい場合も多いので、そうした場合はサプリメントで上手に補っていきましょう。

DHA成分は、主に青魚により摂取できますが、青魚の摂取を含め、αリノレン酸を取り入れることにより、このDHAが十分摂取できますから、αリノレン酸を含む食品をバランスよく摂り入れることもお勧めです。

αリノレン酸:亜麻仁・くるみ・えごま・チアシード

そもそもこのαリノレン酸は、必須脂肪酸であり、体の中でつくりだす事ができない成分で、この成分を体内に摂取することにより、体内でDHA及びお肌にも効果的と言われるEPAへ変化します。

目の疲れには、ビタミン類が重要ですが、このようなDHAもしくはαリノレン酸等も摂取することは非常に大切ですので、目の健康を守るためにもバランスよく摂り入れていきましょう。