疲れ目にビタミンが大切です

ビタミンと目の関係とは?

ビタミンは、目と非常に関わりを持つ成分で、ビタミンA・B・Cいずれも目に多大な影響を及ぼすもの。

影響を及ぼすというより、ビタミンAやCは、そもそも目の水晶体、光を感じる物質に関係するもので、ビタミンCは、水晶体にあるもので、ビタミンAは、光を感じる物質を感じるものとなりますので、いずれのビタミンが不足しても、目の疲れを感じるはず。

目が充血する、目が疲れると言う場合、色々な原因が考えられるものの、実は、これらビタミンが不足している事が考えられます。

また、ビタミンAは、光を感じる物質だからこそ、この成分が不足することにより、暗い場所で目が見えづらくなるという事もあり、こうした場合は、ビタミンAの不足と考えるべきかもしれません。

このように、ビタミンとは、目と密接なかかわりを持ち、尚且つビタミン自体目に存在しているという事で、何らかの影響により、このビタミンが不足すると、目の疲れ他の症状を感じる事となりますので、目の疲労を回復、予防するためには、このビタミンを十分の保たせておく事が大切です。

効率良くビタミンを補えるサプリメント

ビタミンAは、こうして目の網膜に存在する細胞の中に、光を感じる物質が存在しますが、その物質が=ビタミンAとなり、目の充血を起こしている場合は、ビタミンB2成分の不足を表します。

ビタミンAもしくはB・C等は、すべてが目と関係するビタミンであり、不足すると目への影響が考えられますので、食成生活等により、その成分の不足を予防することは非常に大切な事ですし、食事ですべて賄うのは、難しいとも考えられますので、効率よくビタミンを補うためにもサプリメントを利用する事もお勧めです。

いずれにしても『ビタミン』は、非常に目に重要な成分で、不足は目の疲労や様々な症状を起こしやすくなると言う事を認識し、ビタミン不足のないような生活を心がけていきましょう。