偏った食事で目が疲れる?

疲れ目の原因は様々

目の疲れを感じるのは、主に使いすぎる、という事が考えられるわけですが、一般に仕事等でパソコン等を毎日見るような仕事をしている、もしくは、ゲームのやり過ぎにより、瞬きの回数が少なくなる事から、目が乾燥し、目の疲れを感じます。

この他にも、偏った食事をすることにより、栄養素が目に届かないと言う事が原因による目の疲れなども考えられます。

つまりこの偏った食事による目の疲れとは、食事の栄養バランスが悪く、目の健康に欠かせない栄養素がとれないんですね。

栄養素はそもそもビタミンなのですが、目の場合はビタミンB群であるとか、ビタミンAとなりますから、毎日の食事も気をつける事が重要と言えるのです。

食事は、そもそも栄養バランスの悪さから目だけでなくお肌へのダメージも考えられますので、色々な意味で食事は、人間の体にとって非常に重要といえるものなので、食生活の部分も気をつけていく事は、お肌や健康だけでなく、実は目にも非常に重要と言えるのです。

バランスの良い食事を摂りましょう

意外にみなさん目の疲れで考えやすいのが、携帯の見過ぎやパソコンの見過ぎです。

これらが原因で目が疲れると考えがちですが、実はこうした食生活の偏りが目を疲れやすくしている可能性も高いので、最近目が疲れやすいという場合は、食事の改善、見直しも考えていく必要があります。

ちなみにビタミンB群の食事とは、しじみ、あさり、レバーなどがあげられますが、動物性の食品に多く含まれておりますし、果物や野菜等にもビタミンBは含まれておりますので、そうしたものをバランスよく食べられる事が大切です。

又、納豆やウナギなどにもビタミンが含まれ、このビタミンB成分には、健康維持に役立つ成分でもありますので、こうした体に良い成分が含まれる食材は、目にも重要ですから、目の疲れを感じた場合は、こうした食材をバランスよく摂り入れていきましょう。