パソコンやゲームは疲れ目の原因?

瞬きの回数が減ると目が疲れますね

目の疲れは、やはり目を使いすぎることにより目の周りの筋肉疲労をおこして目が疲れてしまいます。

また、そうした目の疲れの原因と考えられるのが、パソコンやゲーム等があげられます。

そもそも目の表面は、常に涙で覆われています。

その状態が保たれてこそ、目の栄養が保たれていると言う事が言えますが、パソコン等を使用している場合、画面を見続ける事となりますので、瞬きの回数が減ります。

瞬きの回数が減るとどうなるか?といえば、目の表面が常に涙で覆われている状態から、乾燥状態に陥ってしまいます。

目が乾燥することにより、当然、目の疲れが起こります。

目が疲れる原因は、こうした目を見開き、何かを見続ける行為をすることにより、瞬きをしないで見続ける事となりますので、目が乾いてしまって疲れを感じるということになります。

状況に応じて目を休ませましょう

パソコン等を見続ける、ゲームに夢中になると言う場合、目が疲れやすく、乾きやすい状態に陥りますので、この対策法としては、目の疲れを感じたらまず、目を閉じるということを覚えておいてください。

無理して見続けると当然目が乾燥し、尚更疲れを感じてしまいますので、目の疲れを感じたら、眼を閉じて休憩するもしくは、遠くを眺めるというような休息をとる事が大切。

更に目の疲れを感じたら、目が乾燥しているので、瞬きを意識的にするという事も効果的ですので、目の疲れを感じたら、無理をせず、休息が取れる場合は休息を取り、目の乾燥を改善させ、疲れを癒してあげましょう。

無論、目薬等を指してあげる等も効果的ですから、目の疲れを感じる時、状況に応じて休憩が可能な場合は、目を休ませてあげましょう

目の表面は常に涙で覆われておりますから、乾燥による疲れがあると言う事を認識しておくとよいでしょう。