ストレスと目の疲労の関係

適度な休息を心がけましょう

目の疲れは、主に目の疲労という事ですが、この目の疲れは、乾燥により疲労を感じる場合も考えられます。

例えば、パソコンやゲーム。

このいずれも夢中になると、瞬きの回数が減りますので、瞬きの回数が減ることにより、目が乾燥=目の疲労という結果を招きます。

また、体の疲れは、それに伴い目の疲れを招きますので、睡眠不足あるいはストレス等をためていると、目が疲れやすくなってしまいますので、不規則な生活をはじめ、ストレスのため過ぎは、健康を害するだけでなく目への影響も考えられますので、体が疲れていると感じた場合は、休息を取る心がけも大切です。

要するに体の疲れは、目への影響が考えられると同時に体の疲労が目に現れると言う事も考えられますので、目が疲れていると感じた場合は、目を回復させるということよりもまず、体の回復を考えられるほうがよいかもしれません。

目に負担をかけないことも大切です

そもそも睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスは、すべて体への悪影響が考えられますので、その影響が目に及ばないためにも、生活習慣を見直したり、食生活を見直す事が目の回復につながります。

目の疲れには、原因は色々と考えられますが、原因は人により異なるものなので、まずは、ご自身の目の疲れに思い当たる節がない場合は、生活習慣や食生活の見直しを行いましょう。

又、メガネをかけている方は、そのメガネがきちんと視力にあっているものなのか?という部分もきちんと確認し、合わなければメガネを変えることで目の疲労を回復させることになると思いますし、老眼という場合は、メガネをしっかりとかけて見えづらいものをきちんと見るようにすることにより、目の疲労が改善されると思います。

目が悪いのに、無理をすることは、目への負担が考えられますので、目に負担をかけないように、視力が悪い方は、視力検査を定期的に行いましょう。