ブルーベリーとメグスリノ木で目の疲れ対策

ブルーベリーは視力改善に役立つとして注目されている成分

ブルーベリーとメグスリノ木について。

日本をはじめ東洋には、西洋医学とは違って、体の中からきれいになって、病気を治そうという考え方の東洋医学があります。

東洋医学では、薬効成分のある和漢植物を利用して、薬を作ります。
トラブルを上から押さえつけるのではなく、体の中から強くして、トラブルを追い出してしまおうという考え方です。

ブルーベリーは視力改善に役立つとして注目されている成分です。
これに、古来から「千里眼の木」などと呼ばれて目にいいと言われていた「メグスリノ木」の成分をミックスしてつくられたブルーベリーサプリがあります。

⇒ 小林製薬 ブルーベリー&メグスリノ木

目の疲れ、眼精疲労に、ブルーベリーサプリ

サプリメントは、毎日飲んで、体の中からケアしていくためのものです。
その意味で、東洋医学的だと言えるかもしれません。メグスリノ木は、日本にしか生えていない木で、希少価値があります。

メグスリノ木

メグスリノ木から抽出した成分でも、ブルーベリーから抽出した成分でも、自然にある成分からできたサプリメントです。自然の恵みを利用しているサプリは評判がいいです。

視力改善に効果がある自然の成分から抽出したサプリメントは、車の運転をしたり、パソコンを操作したりと、目に負担がかかりやすい生活をしている人にはお勧めのサプリメントです。

新聞を読んでいるときに、「なんだか目が疲れやすいな」と思ったとしたら、それは体が出している危険信号です。

見逃さないで、早めにケアしてあげるようにしましょう。自然の成分から抽出した、DHAなど他の成分と組み合わせても効果的です。